ちせ本の記録
私の好きな本を集め感想を書いていきます。純文学を中心にしますので、宿題やレポートの参考にもどうぞ。
「破獄」 吉村昭
戦時中から戦後にかけて、4度の脱獄を成し遂げた無期懲役囚。彼はなぜ脱獄を繰り返し、そしてやめたのか。当時の日本の刑務所の実態が描かれます。


 脱獄の理由

 これは実際にあった話だと言います。
 強盗致死罪により無期懲役の判決を受けた佐久間清太郎は、青森、秋田、網走、札幌の刑務所から四度の脱獄を果たします。戦中から戦後にかけて、日本が貧しく、苦しかった時代でした。
 刑務所から逃げたところで、自由で豊かな生活が待っているわけではありません。彼をかくまう家族や仲間のいるはずもなく、寒い山野をさまよい、着る物や食べ物を盗みながら逃げ続ける生活です。
 日本の戦局と合わせて、それに伴う刑務所の被害、囚人や看守たちの様子を、佐久間の脱獄とそれに関わる人々と共に、作者は淡々と描きます。作者の感情が極端に抑制されているために、読者は事実から佐久間の本心を、なぜ彼が脱獄を繰り返すのかを、想像していくことになります。本当の理由など佐久間自身にも理解できていなかったかもしれず、冷静な作者の表現に非常に好感が持てます。
 秋田刑務所での脱獄の後、出頭した佐久間はその理由について「秋田刑務所での自分に対するあつかいがきわめて過酷であったから」と述べています。しかし、囚人としての規則を守らず、独居房から鎮静房に移されるような事態を招いたのは彼自身です。 私には、その絶対に脱獄は不可能と思われる鎮静房こそが、彼の脱獄への引き金を引いてしまったように思えます。
 小さな金属片がひとつあれば、手錠など簡単に外せてしまう器用さ。逃走経路を一瞬にして見いだせる頭の良さ、看守たちの心につけいり、恐れさせるだけの話術。そして、おそるべき身体能力。それらを存分に発揮するには、脱獄が困難であればあるほど良いのです。網走刑務所で、外した手錠をあえて見せる行動は、もっと困難な状況を作って見せろと挑発しているとしか思えません。
 網走刑務所で、後手錠にさせるなどの佐久間への扱いは、囚人に対してとはいえ非常に非人道的です。しかし、日本全体が苦しい時代です。食物の配給は少なく、その暴動を恐れるあまり、囚人は一般人よりも多くの配給を受けていました。自らが食べられる量より多くの物を囚人に与えねばならない看守。安い賃金で休日はほとんどありません。寒い冬に外で作業をする囚人はつらいかもしれませんが、それを監視する看守たちにもみじめな着る物しかないのです。そこで脱獄をされたら、当番の看守はさらなる罰則を受けることになります。囚人たちは罪人です。佐久間がいかに刑務所の非道な扱いを訴えたところで、彼が人を殺した事実は消えません。気の毒なのはやはり看守です。
 最後は府中刑務所で、特製の手錠と足錠を外された佐久間は、ついに脱獄をあきらめます。他の囚人同様作業にも従事させ、あえて特別な監視をしなかったのは当時の刑務所長の作戦でもありましたが、佐久間は脱獄をしない理由を「疲れた」からだと言っています。人を殺し、看守をあざむき、脱獄を繰り返した彼に、本当の贖罪の心が、ようやく芽生え始めたのかもしれません。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 純文学へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

「人間ぎらい」 モリエール

ルイ14世時代の戯曲。そのエスプリのきいた喜劇は当時の観客にはあまり受けなかったようですが…。脚本を読んで味わえるおかしさです。


 空気を読もう。

 ルイ14世時代のフランスの劇作家モリエール作の戯曲です。
 かなりエスプリのきいた喜劇で、当時の観客はこんな文学的な喜劇をたしなんでいたのか、と思ったところ、「解説」によれば当時の観客動員数はいまいちだったようです。
 確かに、動きはないのに小難しい長台詞が続くこの作品は、お芝居で観るとなかなか理解するのは難しいかもしれません。むしろこうしてじっくりと脚本を読むことで、その皮肉や膨大な台詞の醍醐味が味わえるのではないでしょうか。
 主人公のアルセストは、社交界に出入りする貴族のたしなみともいえるおべんちゃらを極端に嫌い、ことごとく他人を否定するため、話を始めれば人の悪口しか言わない嫌なやつです。そのため友人と話すときも、恋した女性にからむときも常に怒り心頭。その怒った様子があまりに極端で、読む方としてはちゃんちゃらおかしいのです。そんな彼を冷静にたしなめ、おべっかを振りまく友人のフィラントもまたおかしい。
 そんなアルセストが恋をしたのがまた、どんな男にも愛嬌をふりまく、浮気な未亡人セリメーヌ。いやあなた、こういうタイプの人間が嫌いなはずでしょう、と突っ込みたくなるような女性です。
 当然、アルセストはセリメーヌに裏切られます。というより、浮気な未亡人はすべての男を裏切ります。彼女に裏切られた男たちが、みんな彼女に愛想をつかす中、とことん人間を嫌ったアルセストだけが「人っ子ひとりいない砂漠で一緒に住もう、そうしたらあなたを許してあげよう」みたいなバカな台詞を吐くものですから、ますますおかしくなって、彼をちょっといいと思っていた他の女性まで興味を彼に失ってしまうという後始末。
 結果彼はひとりぼっち。そして誰もいなくなった。社交界が嫌いでも、おべんちゃらを言いたくなくても、多少は空気を読みましょうね。あなたも人間だから。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 純文学へ
にほんブログ村

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

「禁色」 三島由紀夫
女性への復讐を遂げ、究極の美青年を描くために生まれたとも思われる小説は一幅の絵。しかし主人公はやがて絵を抜け出し、妻との間に子を生します。ナルシストとしての勝利と生へのあこがれ。作者が本当に望んでいたのはどちらだったのでしょうか。


 「美」という名の絵画

 「美」を追求し続けた三島由紀夫が、その人物を描くにあたっては、女性よりも男性の描写に優れていると私は常々思っています。その中でも、この作品に映し出された「南悠一」は、三島が描いた数々の美しい男性の中でも、最も美しい青年ではないでしょうか。美しさを表現するために尽くされた装飾的な言葉の数々や、女であれ男であれ、自分を愛する者に対する非情な仕打ちと過剰な自信には、読者である私もぞくぞくさせられるほどです。
 これは、究極の美青年を描くために生まれた小説であり、「美」と名づけられた一幅の絵とも見てとれます。悠一は主題そのものであり、他の登場人物はそれを引き立たせるための背景。そして、自らの性癖に悩む彼に鏡を示し、ナルシストへと昇華させた老醜の作家「檜俊輔」は、それを映し出す絵筆のようなものです。
 またこれは、女性への復讐の物語でもありました。女を愛さない美青年の足下に女を屈服させることによって俊輔は復讐を遂げました。『禁色』を書いた頃の三島由紀夫は、決して俊輔のような醜い老作家ではなかったと思いますが、その復讐の心や不幸な青春へのこだわりに、作者自身の心が投影されているように感じられます。
 しかし、物語は後半になり様相を変えてきます。自らを映す鏡と、「見られること」にしか興味のなかった悠一が、自らが世のあらゆる物を「見る」ことで、現実の中で生きようとし始めるのです。俊輔から逃れ、絵から抜け出そうとします。その傾向は、妻の出産に立会い、生命の瞬間をみつめたことを最大のきっかけとしますが、もっと前の段階で、腕を組み合う男女の軽蔑に屈する感情などからも、流れてきているように思えます。妻と子のそばにいる彼は、前半よりも幸福そうに見えます。それもまた、三島自身の心の内ともとらえられます。
 悠一を愛してしまった俊輔は、悠一が変わってしまったことを知り、自ら命を絶つことで絵を完成させました。その後の悠一が、俊輔から解き放たれて、本当に自由に、幸福に生きることができたのかどうかは定かではありません。
 「解説」によると、物語の前半と後半の間には、作者の外国旅行による10ヶ月の休止期間があり、後半の連載に際しては、前半の内容も一部改定しているようです。ナルシストとしての勝利と現実の生への憧れ。10ヶ月の間に、作者が見たものは何だったのでしょうか。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 純文学へ
にほんブログ村

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

「母」 三浦綾子
著者 : 三浦綾子
KADOKAWA / 角川書店
発売日 : 2006-03-10
小林多喜二の母セキが、自ら語るその生涯。文字も読めない母が語る、やさしい多喜二の思い出に、母の無償の愛と悲しみを感じます。


 彼女は貧しく、美しくもなく

 『蟹工船』などのプロレタリア文学で知られ、後に特高警察によって拷問死させられた作家小林多喜二の母セキが、その生涯を語った小説です。
 この作品が胸を打つのは、母には学がなく、多喜二の思想のなんたるかを深く理解していないからです。文字が読めない母には、多喜二の書いた小説すら読むことができないからです。88歳の老婆が丸出しの方言で語るのはひたすら、多喜二がどんなにやさしい息子だったかということ、そして、その死がどんなに悲しかったかということ、ただそれだけです。
 秋田の貧しい小作人の家に生まれたセキは、わずか13歳で隣村の小林家に嫁ぎます。そんな若さで嫁に出されたうらみごとは何ひとつなく、ひたすら夫や夫の両親のやさしさを語ります。女郎に売られる女性も多い中、嫁に行けて幸せだったと。それだけでも、多喜二がいかにぬくもりのある家庭で生まれ育ったかが想像できます。
 やがて一家は、北海道で事業を成功させた夫の兄を頼って小樽へ移住します。長男が幼くして病死したため、多喜二は一家の長兄として、伯父の援助で高等学校を卒業、拓銀へ就職します。
 姉の嫁入りを寂しがり、初任給で弟にバイオリンを買ってやり、就職してわずか2か月で父が亡くなったことを悲しむ多喜二。親孝行で、きょうだい思いのやさしい多喜二。そのあまりのやさしさが、貧しい人を黙って見てられなかったのだと、母は語ります。貧しい人を助けるために小説を書くのだと言う息子を、母はただ信じ、愛するだけです。
 やがて多喜二は、小料理屋に売られたタミちゃんという女性を、自分の貯金をはたき、友人からもお金を借りて身請けします。母はそんな多喜二を叱るどころか、タミちゃんは自分たちよりもっと貧しくてもっとかわいそうなのだから、と多喜二の思いを後押しします。多喜二がいい子だと言うんだから間違いない、と。無条件に息子を信じる母の思いが胸にしみわたります。
 多喜二の死後、牧師と交流していた母が、イエスの遺体を抱き上げる聖母マリヤの絵を見た、と語るところがあります。十字架にかけられたイエスを抱くマリヤの姿を彼女は、多喜二の傷だらけの遺体と対面した自身の姿と重ね合わせます。その姿に私は改めて思いました。今は神格化されて美しく描かれるマリヤ様も、あのときはやさしい息子を殺されて悲しむ、セキと同じように貧しくて、美しくもない母親でしかなかったのだと。そして、マリヤやセキを体現したような母親が、世界中にいるのだと。
 老婆の素朴な語り口に、無償の愛と悲しみが感じられる作品です。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 純文学へ
にほんブログ村

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

「星と祭り(上・下)」 井上靖
遺体のない行方不明者を、「死者」として受け入れるのはいかに困難なことか。娘みはるをボートの転落事故で失った主人公の、魂の遍歴。


 お月さまと観音さま

 東日本大震災により、いまだ2500人以上もの行方不明者がいることを思わざるをえませんでした。戦争による多くの行方不明者のことも。その生死のけじめをどこでつけるかは、残された人たちそれぞれの思いにかかっている、そう感じました。残された者は、どうにかして生きていくしかないのです。
 架山の娘みはるは、17歳のとき琵琶湖でボートの転覆事故により亡くなりました。青年と共にボートを出したことはわかっているものの、転覆時の目撃者はなく原因は不明のまま、遺体もみつかりませんでした。
 みはるの母親と架山は、みはるがまだ幼い頃に離婚しています。架山には新しい妻と娘がいます。娘を失った悲しみを分かち合う相手もなく、架山は1人でそのつらさ、苦しさを消化し、乗り越えていかなければなりません。共に死んだ青年の父親に対する思いは複雑です。愛する者の死を受け入れられない人は、それを他人のせいにしてしまうところがあり、架山にとって青年や青年の父である大三浦は、そんな加害者の1人でした。
 思いを誰にも語れない架山は、心の中で生きても死んでもいないみはるとの対話を始めます。妻に話せないことを愛人にこっそり話すように。そして、みはるの遺体が眠る琵琶湖を避けて生きていきます。一方の大三浦は、琵琶湖畔の十一面観音像を拝み続けることで、自らを慰めています。
 架山がみはるの死を受け入れるのに何よりの助けとなったのは、結局その十一面観音と、みはるとは縁のない登山家たちと行ったヒマラヤへの観月旅行でした。
 エベレストのふもとの集落で、月を見ながらみはると2人だけで話をしようと行ったのに、おかしいのはその旅行の描写において、みはるがほとんど登場しないことです。ふもととは言えそこはヒマラヤ山脈、標高は高く足元の悪い道を何日もかけて歩かなければたどりつけません。おまけに雨が降っています。目的地にたどりつくだけで必死なのです。
 みはるのかわりに見えてきたのは、石に刻まれた経文やチョルテン。過酷なヒマラヤ山地で、人の死をより身近に感じて祈りながら生きる人々の姿。ヒマラヤの巨大な連山とドウトコシの渓谷。そこに姿を現した月。感じたのは「永劫」。
 帰国した架山は、大三浦の勧めにより琵琶湖畔の十一面観音をめぐります。観音さま一体一体の様子がつぶさに描かれ、その一体一体に感じ入っていく様子がよくわかります。その美しさ、やさしさに読者も、主人公と共にひきつけられていきます。
 架山が大三浦と共に琵琶湖に船を出し、春の満月の下、十一面観音の名を唱えながら葬儀を行うラストは圧巻です。
 2人の父親がこれで本当に区切りをつけることができたのかは、誰にもわかりません。物語はここで終わっていますが、子どもを亡くした父親としての人生はまだまだ続きます。しかし、十一面観音は琵琶湖の底に眠る2人だけではなく、その親たちのことも見守っていることでしょう。ヒマラヤを照らす月も、ヒマラヤで祈りながら暮らす人たちも、また。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 純文学へ
にほんブログ村



テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌